【西野七瀬の高画質エロ画像218枚】元乃木坂メンバーの水着や可愛すぎる着衣グラビア

このページでは、西野七瀬(にしの ななせ)のエロ画像を独自に高画質化して218枚紹介しています。

西野七瀬の情報

西野七瀬のプロフィール
名前西野七瀬
ふりがなにしの ななせ
愛称なぁちゃん、ななせまる、なな、七瀬
生年月日1994年5月25日
身長159cm

西野 七瀬は、日本の女優、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー、『non-no』元専属モデルである。大阪府大阪市出身。身長159 cm。血液型はO型。乃木坂46合同会社所属。愛称は、なぁちゃん、ななせまる。

来歴

1994年(平成6年)5月25日、大阪府に生まれる。母親は「椎菜」という名を考えていたが、父親から「七瀬」と名づけられた。

小学生の頃、兄の影響で漫画を読み始めた。中学1年生の時、兄の影響でバスケットボール部へ入部、夏休みまで続けたが二学期に退部した。その後、モデルのオーディションを受験、三次審査を通過したこともあったが、母親から看護師になるよう勧められ、選択授業に看護コースのある高等学校へ進学。しかし、高校2年生の時、母親が乃木坂46、1期生オーディションに西野を応募したため、オーディションを受験することとなった。

2011年(平成23年)8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは新垣結衣の「赤い糸」を歌った。合格後、平日は大阪の学校へ通学し、土日は東京へ通勤する生活を送っていたが、高校を転校し、12月に単身で上京した。

2012年(平成24年)2月22日、乃木坂46の1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビュー。11月8日、『GirlsAward2012AUTUMN/WINTER』で白石麻衣と共にモデルデビュー。

2013年(平成25年)3月、転校先の高校を卒業。5月、『16人のプリンシパルdeux』で主要十役を制覇した。6月18日から30日の間、西野がデザインしたオリジナルキャラクター『どいやさん』のグッズがキデイランドの期間限定ショップ『うさぎのモフィ』で発売された。

2014年(平成26年)4月1日、『どいやさん』の「マスコットぬいぐるみ」がウェブ限定商品としてキデイランドのウェブサイトで予約販売された。4月2日発売の乃木坂46の8thシングル「気づいたら片想い」でシングル表題曲で初のセンターに抜擢された。

2015年(平成27年)1月7日、乃木坂46の1stアルバム『透明な色』に収録されている「ひとりよがり」で初のソロ曲を務めた。1月10日、乃木神社で成人式を迎えた。2月18日、初のソロ写真集『普段着』を発売した。写真集は週間推定売上3万6458部を記録、2015年3月2日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門で3位、写真集部門で1位を獲得した。2月19日、ファッション誌『non-no』(集英社)の専属モデルを務めることが発表された。乃木坂46としては白石麻衣、齋藤飛鳥に続き、3人目の専属モデルとなった。

2016年(平成28年)2月20日発売の『non-no』同年4月号で鈴木友菜と初の表紙を飾り[注1]、2016年7月20日発売の『non-no』同年9月号では初めて単独で表紙を飾った。9月27日、ソロ写真集『風を着替えて』(集英社)を発売[注2]、写真集は週間推定売上1万1390部を記録し、2016年10月3日付のオリコン週間ランキングの写真集部門、オリコン2016年年間ランキングの写真集部門で1位を獲得した。発行部数は20万部を突破。11月29日、陸上競技マガジン『箱根駅伝2017完全ガイド』の箱根駅伝出場者による「好きな女性芸能人ランキング」で5位となった。

2017年(平成29年)3月4日、『第3回カバーガール大賞』(カバーガール大賞実行委員会)のエンタメ部門を受賞。11月14日、2018年1月から始まる「土曜ドラマ24『電影少女〜VIDEOGIRLAI2018〜』」(テレビ東京系列)にソロで初主演することが発表された。

2018年(平成30年)5月9日、初のフォトブック『わたしのこと』を発売。9月20日、自身の公式ブログで年内の活動をもって乃木坂46から卒業することを発表し、卒業コンサートについては、乃木坂46卒業後、年明けの2019年に開催する予定であること、卒業後も芸能活動を継続することも発表された。11月14日発売の乃木坂46の22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』でグループ最多となる7度目のセンター[注3]を務める。同曲で『第69回NHK紅白歌合戦』に出場し、乃木坂46として最後の音楽特番の歌唱を行い卒業した。

2019年(平成31年/令和元年)1月16日(15日深夜)放送開始の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)で、長谷川京子、田中みな実、滝沢カレン[注4]とともにMCを担当。2月24日、京セラドーム大阪で開催された『乃木坂467thYEARBIRTHDAYLIVE』の西野の卒業コンサートとなる最終日公演をもって、乃木坂46メンバーとしての全活動を終了した。また、自身の卒業公演日だけで計50万の応募があり、5万人を動員した。また、全国の218館もの映画館などでライブビューイングも行われ10万人を動員した。6月29日、株式会社KeyHolderよる新規事業として発売されたカラーコンタクトのブランド「mememar」(メメマール)のブランドアイコンに起用される。

2021年(令和3年)1月4日、公式Twitter『西野七瀬&STAFF』を開設。3月から4月にかけて、AmazonOriginalドラマ『ホットママ』にて主演を務めた。

2022年(令和4年)1月18日、第45回日本アカデミー賞優秀助演女優賞・新人俳優賞(『孤狼の血LEVEL2』)を受賞。1月19日に発売の3月号をもって『non-no』の専属モデルを卒業。

人物

愛称は、なぁちゃん[注5]、ななせまる、なな、七瀬。子どもの頃、潜水勝負をしていたことから「潜水のなな」とも呼ばれていた。キャッチ・フレーズは「ん〜〜〜〜〜!ななせまる!!」。「ななせまる」という愛称は西野が考案し、キャッチ・フレーズは父親が考案した。元NMB48の高山梨子は従姉妹。元Flower、元E-girlsの藤井萩花は小・中学生時代の同級生。

wikiより引用

西野七瀬のSNS

インスタグラム

エロ画像はここから