【架乃ゆら高画質エロ画像235枚】ロリ顔美少女女優のヌードグラビア

AV

このページでは、架乃ゆら(かの ゆら)のエロ画像を独自に高画質化して235枚紹介しています。

架乃ゆらの情報

架乃ゆらのプロフィール
名前架乃ゆら
ふりがなかの ゆら
愛称ゆららん、赤ちゃん、ベイビー、ロリコンエース、たこちゅっちゅ
生年月日1998年12月28日
身長157cm
スリーサイズ84 – 55 – 86 cm
カップ数Dカップ

架乃 ゆらは、日本のAV女優、モデル・ヌードモデル、タレント、YouTuber。LINX所属。

来歴

高校時代からモデルとして活動し、18歳からヌードモデルとしての活動を開始。

2017年11月19日、「無限の透明感」のキャッチコピーでエスワン専属女優としてAVデビューした。なお、AVデビュー前に週刊大衆ヴィーナスにてヌードグラビアが掲載されている。

2018年6月29日より恵比寿マスカッツ1.5に研修生として加入。同年8月24日に恵比寿マスカッツの正式メンバーに昇格。

2020年3月10日、FANZA「春のパンツまつり」に合わせたマスカッツ内ユニット「SCANTY4」を架乃ゆら、まいてぃ、三上悠亜、吉澤友貴の4人で結成。楽曲「パンチラリズム」を公開。2021年2月3日、市川まさみ、山岸逢花が新加入し「SCANTY6」となる。

2021年8月発表「読者300人が選んだFLASH2021セクシー女優ランキング」読者投票31位。同年8月、月刊FANZA発表「このAV女優がすごい!2021年夏」第5位。

同年12月6日、恵比寿マスカッツオンラインライブ『年末なので全部歌わせて頂きマスカッツ』にてグループ卒業を発表。2022年6月22日に行われたサマー・スタイル・アワード千葉予選ルーキービューティーフィットネス部門に出場し、決勝進出を果たした。

人物

岡山県出身で、2017年時点で岡山県在住だった。

趣味・特技はサイクリング。中学では演劇部、高校では美術部に在籍。初めてのアルバイトは18歳の時に働いた雑貨屋。

昭和歌謡と特撮のファンであり、特に平成仮面ライダーシリーズはすべて観ている。きっかけは高校時代に観た『烈車戦隊トッキュウジャー』。『仮面ライダー響鬼』に出演していた渋江譲二と対談した際には大興奮だったという。一番好きな作品は『仮面ライダーオーズ/OOO』で成人用変身ベルトも所持している。

好きなタイプは年上で優しく、小太りな人。SかMかの問いに「変態」と答えている。

中学生の時に麻美ゆまのAVを見て以来、サンプル動画をこっそり見てAVの世界に興味を持った。当初は怖いもの見たさ、怪しいものへの興味であったが、徐々にきれいな体を見せる職業、体を張ったかっこいい職業として、憧れの職業となった。

初体験は高校生の時で、相手は部活の先輩。

18歳の誕生日をきっかけにヌードモデルを志願。ヌードモデルとしての仕事はAVデビュー後もグラフィスやLOVEPOPなど会員制サイトを中心に継続している。

「架乃ゆら」の芸名は、どこにもない名前をと事務所に命名され、苗字に関しては漢字一字一字に意味があるという。

デビュー当初は特にニックネームがなかったこともあり、ツイッターでは「ゆらちゃん」と呼ばれたいと言っていたが、その後ファンからの「ニックネームを付けてもいいのでは?」との提案を受け、それをツイッター上で募集。多数のファンからリクエストされた中から本人が熟考した結果、ニックネームは「ゆららん」となった。

TwitterのエゴサーチやWikipediaの自身の記事の閲覧も行っており、2019年12月には自身のWikipediaの愛称欄に「赤ちゃん」という記載が追加されていた事を驚きをもって指摘しているほか、その後「もっとやってください」と好意的にツイートしている。

三四郎・小宮浩信と初対面した際には番組ADと間違えられており、この逸話から「AV女優っぽくない」点を自身の特徴と答えている。

FANZAニュースで自身の新作のセルフレビュー記事を連載している。

オスのマンチカン(名前はシンバ)を飼っており、自宅で自撮りした画像にはかなりの頻度で一緒に写っている。

wikiより引用

架乃ゆらのSNS

YouTube

Twitter

インスタグラム

エロ画像はここから

>短尺で抜ける動画と作品特定してます。

短尺で抜ける動画と作品特定してます。

CTR IMG