【麻美ゆま高画質エロ画像193枚】レジェンドAV女優のHカップ爆乳ヌードグラビア

AV

このページでは、麻美ゆま(あさみ ゆま)のエロ画像を独自に高画質化して193枚紹介しています。

麻美ゆまの情報

麻美ゆまのプロフィール
名前麻美ゆま
ふりがなあさみ ゆま
愛称ゆまちん
生年月日1987年3月24日
身長158cm
スリーサイズ96 – 58 – 88 cm
カップ数Hカップ

麻美 ゆまは、日本のタレント、歌手、女優、元AV女優、元恵比寿マスカッツ。 アリュール所属。

来歴

2005年3月、事務所に所属。麻生由真名義でグラビアや『アイドルコロシアム』等に出演。12月まで煩悩ガールズの一員としても活動した。

2005年10月28日『純情ハードコア』(アリスJAPAN)、11月7日『新人×ギリギリモザイク』(S1)でAVデビュー。大手2社同時デビューは当時の業界内では極めて異例であった。キュートなルックスと明るいキャラクター、Hカップのバストで一躍人気女優となる。CDVJ加盟店のPOSデータでは、麻美ゆまの作品がデビューからの半年間で1位を5回獲得(2005年11、12月、2006年2、3、4月)。業界誌『アダルトインサイダー』で特集「空前の回転率を記録する麻美ゆま徹底研究」が組まれた(2006年7月号、ギャガ・クロスメディア・マーケティング)。

2006年「麻美ゆま」でスーパーぷるるん選手権(ヤングジャンプ)6回戦に出場。2006年末のMOODYZ年末大感謝祭にて最優秀女優賞を受賞、作品賞では『新人ギリギリモザイク新人ギリギリモザイク』が第2位に選ばれる。2007年には女優賞では4位、作品賞では『ギリギリモザイク妻みぐいゆまと穂花との共同生活』が第6位に選ばれた。

2008年1月23日、1stシングル『Resolution』発売。4月7日、恵比寿マスカッツに1期生として加入。解散までの5年間番組収録やライブで活躍。

2009年3月1日、イベント・サイン会で47都道府県、全国制覇を達成。

2010年4月7日、恵比寿マスカッツの2代目リーダーに就任。2012年3月までの2年間リーダーを務める。

2012年2月29日、AV30(アダルトビデオ30周年記念プロジェクト)のオールタイムベスト女優人気投票で2位に選ばれる。

2013年2月、卵巣に境界悪性腫瘍という病気が見つかる。マスカッツの解散ライブ出演を見据えた治療を開始。2月25日、両卵巣と子宮の全摘出手術を行う。3月21日、1回目の抗がん剤治療を行う。4月7日、マスカッツの解散ライブに5時間すべて出演し、5年間活動した恵比寿マスカッツを卒業した。6月6日「2月頭に、卵巣に良くない腫瘍が見つかり、手術を行い、現在抗がん剤の治療をしています」とTwitterにて公表。8月、予定されていた治療を終える。8月26日、「BAZOOKA!!!」の生放送に出演。

2013年10月5日、「RockBeatsCancerFESVol.3」に出演。10月6日、YouTubeの動画にて、予定されていた治療を終えたことを自分の口から伝えた。12月7日講演。12月22日カレンダー発売イベント、FCイベント。12月28日マスカッツDVD発売イベント。歌手、タレント、講演を中心に徐々に活動を再開。

2014年5月8日、自叙伝『ReStart~どんな時も自分を信じて~』出版。6月から『東京スポーツ』で「HAPPY&SMILE」を連載(全20回)。

2015年5月20日、2ndシングル『ReStart~明日へ~』発売。同日記者会見で「きょうでAVは卒業します」とAV業界からの引退を宣言した。2015~2019年、舞台「志村魂」に出演。

2016年3月27日、バースデーイベント「麻美ゆまBirthdayParty!!アラサーパイ投げ大作戦!!~歌うよ!弾けるよ!みんなでお祝いしてね♡~」を行う。

2017年1月18日、1stミニアルバム『SCARLightEP』発売。3月20日、初ワンマンバースデーライブ「三十路の国からこんにちは」「三十路の国からこんばんは」を行う。

2018年、病気から何事もなく無事に5年が経過。寛解を迎えることを受け、2019年度版カレンダーではビキニ姿を披露した。

2019年3月24日、初バンド編成ライブ「平成最後のBirthdayLIVE!!inSHIBUYA0324.」を行う。6月22日、初主催ライブ「YUMALabo.#0」を行う。

2020年1月16、「YUMALabo.#03」で吉沢明歩と共演。1月17日、「YUMALabo.#04」でRioと共演。5月15日、公式ファンクラブ「YumaLand」開設。6月23日、YouTubeチャンネル「麻美ゆまとオトナの保健室」開設。7月31日、配信ライブ「マナツノヨルノユマ」を行う。10月28日、麻美ゆまになってから、丸15年経った。12月17日、「街録ch」にて自身の半生を語る。

2021年3月19日、バースデーライブ「厄年抜けましたぁぁ!」を行う。6月1日、ファン交流サイト「YUMARESORT」開設。7月16日、公式YouTubeチャンネル「ゆま湯」開設。9月12日、配信ライブ「マナツノヨルノユマVol.02」を行う。11月27日京都にて撮影会、11月28日名古屋にて撮影会を行う。

2022年2月26日、「みひろ20周年SPECIALLIVE」に出演。

人物

趣味は香水集め、料理。特技はピアノ、英語。座右の銘は”HAPPY&SMILE”。

氣志團の大ファン。

群馬県高崎市出身

実家は日本初のフィリピンパブ「ドリーム」を経営。2店舗目「ニュードリーム」が店舗兼実家だった。4店舗まで経営し、現在はすべて閉店。

幼少期はよく開店前に行ってお店のカラオケで歌っていた。十八番は「ガラガラヘビがやってくる」。

初キスは14歳、初体験は15歳。

中学2年のときに実用英語技能検定(英検)の準2級に合格。

2020年、調理師の資格を取得。

先輩の蒼井そらとは公私ともに仲が良く、テレビの旅行企画番組にも二人で出演している。家族以外で最初に病気のことを打ち明けたのも蒼井である。

2015年、先輩のみひろが出演していた縁で舞台「志村魂」から声をかけられオーディションに参加し合格、以後志村ファミリーの一員として志村けん主演の舞台・コント番組に出演。

志村けんとはプライベートでも交流があり、麻美の病気のことを知った志村は彼女を気遣い、体力をつけた方が良いと、うなぎやジンギスカンを食べに連れて行ってくれたという。最初に志村に会った「志村魂」のオーディションにて、志村から遠慮がちに「ゆまさんは、お酒の方はどうですか?」と質問されたことが印象に残っているという。

2009年5月に、扁桃の手術を受けた。

2009年6月から『週刊大衆』で『麻美ゆまの快感SEXクリニック』の連載を開始。

癌の理由について「自業自得」「アダルトビデオに出演していたから」とバッシングを受けた。実際は子宮癌は遺伝や本人の体質によるものであり、仕事は全く関係ない。しかし麻美は「そう受け取られても仕方がない」と語った。

『東京スポーツ』での連載コラム等で自ら「ドM」と公言している。

10歳年上の姉と7歳年上の兄は再婚した母の連れ子で、父は麻美に優しかったが、兄に暴力を振るうことがあった。兄は次第に引きこもり、23歳の時に自ら命を絶った。

wikiより引用

麻美ゆまのSNS

Twitter

インスタグラム

エロ画像はここから

>短尺で抜ける動画と作品特定してます。" width="768" height="461" >

短尺で抜ける動画と作品特定してます。

CTR IMG